読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふだんの何気ない話

ふだんの何気ない話

十六歳のわたしが結婚について考えてみました

  わたしは結婚をしたことがありません。当たり前です、まだ十六歳ですもの。ただ、もう結婚出来る歳ではあるのです。最近わたしはよく「結婚」について考えます。昨日は、音楽をやっているフリーターの兄と、その兄のせいで結婚を迷う妹の、兄弟愛を描いた劇を観ました。大好きな図書館司書の先生は結婚適齢期で彼氏がいます。そして、最近よく観ているドラマでは結婚の面倒くささについて描かれていました。純白のドレスを身にまとい、しずしずとバージンロードを歩く「お嫁さん」は、小さな女のコの憧れです。いいえ、小さな女のコだけではありません。高校生であるわたしも憧れ、アラサー独身女性も憧れるのです。真っ白なベール越しの世界を見てみたくて。しかし、結婚した人たち、つまり、わたしの父と母を見てみましょう。どの家庭もそうだとは言いませんが、今もお母さんとお父さんがラブラブなカップルであるような家庭はきっと少ない。わたしの家だってそうです。毎日毎日顔を突き合わせては喧嘩ばかり。あんなにラブラブだったはずなのに、いったいどうしてしまったのか。そして、そんな父と母を見ていると、結婚とは本当にいいものなのかしら、とわたしは\xBB
廚Δ里任后▷峪闇噲イ④任い蕕譴譴佶榲槪琉Δ澄廚箸錣燭靴陵Г世舛聾世辰討い泙靴燭❶△修Δǂ發靴譴覆ぁ7兮海靴胴イ④任い襪里脇颪靴ぁ0貊錣吠襪蕕靴討い譴弌△④辰帆蠎蠅侶硑壁怍❹覆鵑ǂ盡ǂ┐討唎襪鵑任靴腓Α•簑个傍槪擦覆い茲Δ覆海箸鯀蠎蠅❹靴討靴泙Δ里ǂ發靴譴覆ぁ◀任癲△Δ屬塀濵匚眄犬任△襪錣燭靴聾世い燭ぁ◀修譴任盞觝Г北瓦鬚澆燭い鵑任后△函◀△凌得未箸倭賊鵑砲覆辰討い襪靴△泙蟾イ④犬磴覆いǂ薹觝Ъ阿妨討个覆い箸ʔ△燭ǂ世ʍ羂賈腓之茲泙襪里砲覆砲鯢發ǂ譴討い襪鵑世箸ʔ△修ΔいΩ充造任呂覆咩¬瓦鬚澆燭ぁ﹆稠鬚離疋譽垢鯏擦辰討い覺屬世韻蓮△修鵑扮琛せ欬陲里海箸蝋佑┐此¬犠魴錣帽イ④平佑里海箸世韻鮃佑┐董¬犠魴錣防發ǂ譴討い燭ぁ〽\xAB分が言っているのは小娘の戯言かもしれないけど、きっと一度は誰もが夢見ること。そして夢見ることは悪いことではないはずです。わたしはまだ十六歳。法的に結婚を認められるようになってから、まだ数ヶ月しか経っていません。十年後、結婚適齢期になったわたしが同じことを言えているのかはわかりませんが、少なくとも十六歳のわたしはキラキラとした未来を夢見ています。妊娠線予防クリームでおすすめは?|お腹がかゆいのは兆候かも

「子供は天国」「親は地獄」な夏休みの毎日を楽しんで

  我が家の子供たちの夏休みは、7月の3連休から。
子供は小6長女、小3次女、小1長男の3人です。

1年の長男が、初めての学校の疲れからか帯状疱疹に罹り、暑い暑い3連休は、プールにも行けず、ゲーム三昧、そして絶間ないケンカに嫌気が差した連休となりました。

挙句、夫は連休最終日に、会社の同僚と波乗り&バーベキューで遊びに行ってしまい、夜まで帰らず・・・。
「なぜ私だけ家で子供の世話を?」「子供も連れて行けー!」って心底思ったのは、子育てをしているママさんには、わかっていただけるでしょうか。

夏休みといえば、宿題です。全くする気のない我が家の三人衆。
始まったばかりとはいえ、少しは手をつけてほしくて、「宿題しなくて大丈夫?」と声を掛けても、私の言葉は一切無視。
夫が帰ってきた夜8時頃の私は、鬼と化してました。

この三連休で私はお手上げ状態に。この先1ヶ月も家に子供がいると思うと、気分は憂鬱になるばかり。

頼みの綱は、ママ友です。どんな風に過ごしているのか、私自身が一人っ子ということもり、兄弟ゲンカの対処の仕方が分からず、聞いてみたり。その中の友達からのメールで、「夏休みで子供がいても、学校でいない時と同じように自分自身が過ごそうとしているから、イライラする。」ということを言ってきてくれた友達がいました。

ストンと自分に落ちてきた答えでした。確かにそうです。
洗濯しようとしても、「お母さ〜ん、あれどこ?」「のど渇いた〜」などなど、なかなか進みません。宿題をすると思い、テレビも付けられず、音楽も聞けず・・・。

でも、よく考えてみれば、子供と過ごせる時間、特に小6の長女については、来年から中学生です。部活に入れば、こんなふうにゆっくり家で過ごせることも難しくなります。それを思ったとき、うまく背中を押しながら宿題をし、他の時間は一緒に外で遊んだりすることも、貴重なんだなと気づいたのでした。

夏休みを楽しみにしていた子供たち。
それでも自由研究など、普段は出されない宿題に頭を悩ませています。それぞれの立場で大変なんだな、と思いました。

夫の夏休みには、海にも行くことになり、子供たちも私たちも楽しみしています。
海へは長女の要望でした。2年前に行った宿と海で遊んだこと、そしてその宿に付いていたプールが楽しかったことを覚えていてくれたようでした。
とても、嬉しいことです。

家族旅行までは、まだ日にちがありますが、子供の興味のあることにも挑戦させながら、たまにはとことん子供と過ごす夏休みもいいものかもしれないと、思えるようになりました。生理前イライラを抑えるルナベリー(ルナリズム)口コミと比較

先月、夫と初めて伊豆半島へ旅行に行ってきました!

  先月、夫が仕事の休みがまとまって取れたので、2人で車を運転して伊豆半島へ旅行に行ってきました。伊豆半島と言えば、きれいな海や南国のような景色、温泉などリゾートっぽいイメージがあり、初めて行く私たちはとても楽しみにしていました。また、静岡県は、海の幸がおいしいところなので、この旅行ではおいしい魚介類が食べられるのも楽しみにしていました。
まず、1日目はお昼頃に沼津に到着し、早速お寿司を食べに入りました。入ったお店は、静岡県浜松市に行ったときに入ったことのある系列店だったので、おいしいお店ということを知っていたので、またここで食べられるのかと思うととてもうれしかったです。おいしいお寿司を食べた後は、熱海の街に到着しました。熱海の街並みは、道沿いに熱海サンビーチが広がっていて、海の反対側にはホテルなどの建物があり、南国のような木が立っていて、まるでハワイのようで感激しました。海沿いを散歩しましたが、暑い中でも風が吹いてとても気持ちよかったです。
2日目は、伊豆半島の南の方まで行ってみようということで、熱海から東伊豆のほうへいきました。まず行ったのが、大室山でした。大室山は、標高580mの火山で山頂にはおおきなくぼみがある山です。旅行に行く前に、伊豆半島にどんな観光スポットがあるのかを調べているときに、大室山を知って、この山のおもしろい形状に興味を持って行ってみたくなったので、来てみました。大室山の山頂へは、リフトに乗って上がります。数分で山頂に着き、山頂はくぼみの周りは歩道になっていました。歩道は1周できるようになっているので、1周してみましたが、結構歩いた気がするので、とても大きいくぼみなんだとわかり、自然ってすごいと感じました。その後、半島の南の方へ着くと、昼食には魚料理のお店で金目鯛の煮付けの定食を食べました。金目鯛は、伊豆でよく捕れる魚で、旅行で食べたかった魚でした。脂が乗っていて、とてもおいしかったです。
3日目は、帰宅のための移動だけでしたが、伊豆半島の旅行はとても満足できました。おいしい魚介類を食べて、伊豆半島の景色、自然を見て、2人ともリフレッシュできました。MNP!ドコモから格安SIM(格安スマホ)に乗り換えて得する

とある日の野うさぎの行動記録、及び恋人との逢瀬。

  寝不足のまま、朝を迎えた。昨日はとんでもない一日だったと、改めて思った。

私は少し変わっている。どう変わっているのかというと、簡単に言えば、人一倍恐怖や不安が強い。野うさぎのようだと、よく恋人に揶揄される。
まず第一に、人混みが苦手。誰だって、人混みは嫌だろうが私はその数倍苦手らしい。第二に、人に気を使いすぎる。これがかなり厄介な性分で、親だろうが弟だろうが気を使う。第三に、とんでもなく泣き虫であること。非常に涙もろく、けれど人前では決して泣かない意地っ張りでもある。

昨日、私は恋人と久しぶりに会った。遠距離のため(相手は大した距離だとは思っていないらしいが、車で片道4時間は大層な距離だと私は思う)、また、お互いの休みがなかなか合わないため、合う頻度としては月2回程である。久々に顔を見て、少しやつれたね、とお互い苦笑した。

さて変わり者の私と、その変わり者を愛してくれている変わり者が、共に行ける場所は少ない。なんせ野うさぎだ、普通のデートはできない。だがこの時の私には少し自信があった。久々の会合で少し調子に乗っていたとも言える。

近くのファッションモールに行こう、と提案した。

恋人は驚いていたがそれもすぐ笑顔に変わった。私の意見をなにより尊重してくれる恋人だから、きっと心配しながらも、私に勇気や覚悟があれば望み通りにしてやりたいと思ってくれたのだろう。本当の優しさとはこういう事を言うのだと、ふと思った。

いざ着くと、平日の夕方という時間も相まってか、恐れていた程の人混みではなかった。私はさらに調子に乗って、某ファストファッションのアパレルショップでお互いに似合う服を見繕うのはどうだろうかとさらに提案してみた。返事はもちろんイエス。

時間にして1時間。お互いあっちに行ったりこっちに行ったり、やれ私の選ぶ服は地味だの派手だの個性的すぎるだのと言われつつも、なんとか似合う服を見つけ、試着し、思いのほか気に入ってもらえたのでそのまま購入する事に。なかなか自由に外を出歩けない私からしてみれば楽しすぎるひと時だった。私はこの時点で全てにおいて満足していた。

問題はこれからだ。恋人はお腹が減ったらしく、レストラン街へ出た。時刻は大体6時前後。混み合う時間帯だ。私は不安が押し寄せてくるのを必死にこらえながら、あなたの好きなように、と聞こえは良いがその実相手に丸投げな一言をいい、お手洗いへ向かった。息苦しかった。数分、怪しまれない程度の時間、個室でうずくまり、息を整える。大丈夫、大丈夫。何度も言い聞かせた。

このあとの事は、実はあまり覚えていないのが正直なところだ。あとから聞いて分かった事だが、私たちは空いていそうなレストランに入り、注文し、食事が進まない私になにかを察したのか、20分程度で出てしまったらしい。

結局この日のデートは予定より早く切り上げて終わってしまった。久々に会えたのに、なかなか恋人らしいことをしてあげられない。

これからどれほどの時間をかけて私は不安と恐怖に苛まれることなく過ごせるのだろうかと、帰宅してずっと考えてしまった。雑踏への恐怖、不意に襲う不安、削られて行く体力。膝を抱えて、私はそんなことを思っては泣き、そして眠れずに朝を迎えた。

きっと恋人は、そんな私の姿を心配には思えど不憫には思わないであろうということだけが唯一の救いだ。

一泊二日の弾丸スノボ旅行が人生で一番忘れられない思い出に

  ずっとスノボをやってみたかったのですが、なかなか機会が無くて出来なかったのですが、当時付き合っていた彼氏が急遽連れて行ってくれることに。
でもお互い休みが取れたのは二日間。
しかもスノボシーズンも終わりかけている頃だったので、北海道くらいしか雪が残っていないかも…ということで、北海道へスノボ旅行に行くことに。

朝一番の飛行機に乗って、空港からバスで二時間ほどでホテルに到着。
ホテルの目の前がゲレンデのスキー場に行ったので、即スノボ開始!!
でもまず靴の履き方がわからない。そこから時間が掛かりました。

なんとか覚えて、いざゲレンデへ!
運動神経は良い方なのでなんとかなるだろう。と思っていました。
滑ることは出来るのですが、リフトから降りるのが下手で下手で。
でも何度も乗り降りしていると慣れるものですね。
だんだんマスターしてきて調子に乗り始めた私。
リフトから降りる際にズッコケました。
とっても派手に。
転んだときにボードの足を付けるところにお尻が思いっきり刺さって動けない…。
お尻が裂けたかと思うほどの痛みでもう滑りたくない…と。
とりあえず休憩して、そのあと少し滑ったけどやっぱり痛い!開始三時間くらいで終了。
せっかく来たのに。

それからホテルでいじけて、夜ご飯の時間に。
北海道ならではの美味しい海鮮ばかりで大満足でした。

明日はたくさん滑ろう!と意気込んで寝る準備をはじめていると、部屋のテーブルに小さな箱がある!
開けてみると指輪が。ん?
頭の中がはてなだらけになっていると花束を持った彼氏が!
ななななんとプロポーズしてもらえました。
まさかすぎて嬉しすぎて、お尻の痛みは吹っ飛んでいきました。
こんなに幸せな瞬間があるんだなあと感動しました。

次の日は昨日と打って変わってウキウキでスノボ開始。
昨日よりも上級者コースに行って、ウキウキで滑っていました。
調子に乗って滑っているとまた昨日と同じくズッコケて、お尻が避けるような痛みが再び!
昨日の倍くらい痛くてまた三時間くらいでスノボ終了。

せっかく北海道まで来たのに、六時間くらいスノボをしただけ。
もったいない気もしますが、人生最大のイベントとも言えるプロポーズがあったので、なんだかすごく充実した旅行だと感じています。

お尻は赤ちゃんの蒙古斑のように青くなってしまいましたが、本当に幸せな旅行でした。
それから何年も経ちますが、この蒙古斑がかなりトラウマになり、このときのスノボが最初で最後のスノボになってしまいました。
顔の肌荒れ・ニキビに青汁を飲むと効果あるって本当?

風邪をひいた怪獣さん。それでもやっぱり今日も大暴れ。

  息子が熱を出した。
昨日の夕方頃から咳がひどくなり、夜中は特に苦しそうだった。
朝気持ちが悪いと言って大泣きをする息子を見て胸が痛くて張り裂けそうだった。
今日はお友達と遊びに行く約束をしていた日。キャンセルをしなければならない。
風邪をひきやすい息子は、いつも当日のドタキャンをせざるを得ない。
またお友達に迷惑かけてしまうなあ。
申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

そんなこんなで、私自身のストレスも溜まっていったのだけれども、息子が苦しいながらも涙目で見せる笑顔がたまらなく可愛くて、溜まっていたストレスも吹っ飛んでしまう。

朝9時にかかりつけの小児科の先生の所へいった。
お薬を二種類いただいた。
夏は風邪をひく人が少ないのかな。待合室はがらんとしていて、他には息子と同い年ぐらいの女の子しかいなかった。
息子は風邪をひいていても待合室内を走り回ったりおもちゃを放り投げたりしているのに、その女の子はずっと座ってお母さんと一緒に手遊び歌を歌っていた。なんて大人しいんだろう!と少しうらやましくなった。
息子はどこへ行っても、誰よりも活発。まあ、それはそれで愛嬌があるし、男の子は元気いっぱいの方がいいって言うから、良しとしよう。
それよりも彼はなぜ体調が悪くても走り回れるのだろうか…。目はトロンとしていて真っ赤で、いかにも熱がありそうな顔なのに。
子供の体力には驚かされる。

小児科の帰り、いつものお弁当屋さんでお弁当を買った。案の定、ここでも事件が。息子が店頭に並んでいるお弁当を二個、床に投げたのだ。一瞬の出来事で止める暇がなかった。もちろんお弁当の中身はぐっちゃぐちゃ。せっかくの美味しそうなハンバーグが床にべっちょり。
本当に申し訳なくて、私はひたすらお店の人に謝った。お店の人はとても優しくて、お弁当も弁償をしなくて良いと言ってくれた。
側にいたお客さんの一人が、
「あらあら。元気でいいわね。」
と笑って言ってくれて涙がでそうになった。私は頭の中が少しパニックで、申し訳ない申し訳ないとばかり思っていたので、その優しい言葉がとても嬉しかった。
お店をでたら息子を反省会。ごめんなさいと素直に言える息子。
「じゃあ最初からやらないでよ!」と言いたかったが、口からでた言葉は、
「ごめんなさいが言えて偉いね。もう次からやめようね。」
私は息子に甘いのだろうか。

帰宅して熱をはかったら少し下がっていた。
買ったお弁当を一緒に食べた。
食欲はあるようだったので、一安心。
そして午後はゆっくりやすんで(といっても息子は相変わらずの暴れん坊だったが)、夕方からはDVDを見せた。

熱で体力が奪われたのか、六時半には自ら布団にもぐり眠ってしまった。
このまま熱が下がって明日の朝また元気な怪獣さんの笑い声が聞けるといいなあ。iphoneを韓国で使いたい!Wifiレンタルが安いところ

風邪をひいた怪獣さん。それでもやっぱり今日も大暴れ。

  息子が熱を出した。
昨日の夕方頃から咳がひどくなり、夜中は特に苦しそうだった。
朝気持ちが悪いと言って大泣きをする息子を見て胸が痛くて張り裂けそうだった。
今日はお友達と遊びに行く約束をしていた日。キャンセルをしなければならない。
風邪をひきやすい息子は、いつも当日のドタキャンをせざるを得ない。
またお友達に迷惑かけてしまうなあ。
申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

そんなこんなで、私自身のストレスも溜まっていったのだけれども、息子が苦しいながらも涙目で見せる笑顔がたまらなく可愛くて、溜まっiphoneを韓国で使いたい!Wifiレンタルが安いところ