読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふだんの何気ない話

ふだんの何気ない話

夏といえば??夏を感じる出来事は??まとめてみた。

  夏が来た!と感じることは、毎年、気温上昇で30度越えた時や夏の風物詩、花火大会、お盆、台風、夏祭り、海水浴等々上げるときりがありませんが、日本には夏を感じられる事がたくさんあります。毎年行ってる花火大会や夏祭り等行かないと夏を越せないと思うほど、大事なイベントです。また、地域によって祭や花火大会にも個性があってパワフルで面白いです。みこしを担ぐ男性逹や盆踊りを優雅に踊る女性逹、あと、見所は、食べもの屋台です。焼きそば、かき氷、りんご飴等見てると思わず買ってしまいます。皆が日常の生活を忘れて、この日だけは、人々が羽目を外しどんちゃん騒ぎをしている状態で楽しんでいます。
あと、神秘的で綺麗だなと思うのは、花火です。色々な柄や模様をあしらった花火が打ち上げられパッと開くと凄く綺麗でずっと、見ていたいほど、魅了されます。
こういう時に浴衣や甚平などを着ていくとまた、気分が上がり、感じ方も違って楽しめると思います。
他に夏といえば、アイスやかき氷など冷たいものを、よく食べてしまいます。体を冷やさないように体調には気をつけて、適度に食べる事が大切だと思います。
これから、本格的に夏が近づき、暑さも続くので、コマメに水分補給等は気をつけて、夏を色々と感じながら乗りきれたらと思います。