読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふだんの何気ない話

ふだんの何気ない話

十六歳のわたしが結婚について考えてみました

  わたしは結婚をしたことがありません。当たり前です、まだ十六歳ですもの。ただ、もう結婚出来る歳ではあるのです。最近わたしはよく「結婚」について考えます。昨日は、音楽をやっているフリーターの兄と、その兄のせいで結婚を迷う妹の、兄弟愛を描いた劇を観ました。大好きな図書館司書の先生は結婚適齢期で彼氏がいます。そして、最近よく観ているドラマでは結婚の面倒くささについて描かれていました。純白のドレスを身にまとい、しずしずとバージンロードを歩く「お嫁さん」は、小さな女のコの憧れです。いいえ、小さな女のコだけではありません。高校生であるわたしも憧れ、アラサー独身女性も憧れるのです。真っ白なベール越しの世界を見てみたくて。しかし、結婚した人たち、つまり、わたしの父と母を見てみましょう。どの家庭もそうだとは言いませんが、今もお母さんとお父さんがラブラブなカップルであるような家庭はきっと少ない。わたしの家だってそうです。毎日毎日顔を突き合わせては喧嘩ばかり。あんなにラブラブだったはずなのに、いったいどうしてしまったのか。そして、そんな父と母を見ていると、結婚とは本当にいいものなのかしら、とわたしは\xBB
廚Δ里任后▷峪闇噲イ④任い蕕譴譴佶榲槪琉Δ澄廚箸錣燭靴陵Г世舛聾世辰討い泙靴燭❶△修Δǂ發靴譴覆ぁ7兮海靴胴イ④任い襪里脇颪靴ぁ0貊錣吠襪蕕靴討い譴弌△④辰帆蠎蠅侶硑壁怍❹覆鵑ǂ盡ǂ┐討唎襪鵑任靴腓Α•簑个傍槪擦覆い茲Δ覆海箸鯀蠎蠅❹靴討靴泙Δ里ǂ發靴譴覆ぁ◀任癲△Δ屬塀濵匚眄犬任△襪錣燭靴聾世い燭ぁ◀修譴任盞觝Г北瓦鬚澆燭い鵑任后△函◀△凌得未箸倭賊鵑砲覆辰討い襪靴△泙蟾イ④犬磴覆いǂ薹觝Ъ阿妨討个覆い箸ʔ△燭ǂ世ʍ羂賈腓之茲泙襪里砲覆砲鯢發ǂ譴討い襪鵑世箸ʔ△修ΔいΩ充造任呂覆咩¬瓦鬚澆燭ぁ﹆稠鬚離疋譽垢鯏擦辰討い覺屬世韻蓮△修鵑扮琛せ欬陲里海箸蝋佑┐此¬犠魴錣帽イ④平佑里海箸世韻鮃佑┐董¬犠魴錣防發ǂ譴討い燭ぁ〽\xAB分が言っているのは小娘の戯言かもしれないけど、きっと一度は誰もが夢見ること。そして夢見ることは悪いことではないはずです。わたしはまだ十六歳。法的に結婚を認められるようになってから、まだ数ヶ月しか経っていません。十年後、結婚適齢期になったわたしが同じことを言えているのかはわかりませんが、少なくとも十六歳のわたしはキラキラとした未来を夢見ています。妊娠線予防クリームでおすすめは?|お腹がかゆいのは兆候かも